アトピー肌に優しい洗濯用洗剤や寝具について調べまとめました!

乾燥肌・アトピー肌改善のための正しいスキンケア方法
  1. 乾燥肌・アトピー肌の衣類・寝具の防ダニ・洗濯や洗剤について

乾燥肌・アトピー肌の衣類・寝具の防ダニ・洗濯や洗剤について

洗濯用洗剤や衣類、寝具などは、長時間肌に直接触れているものなので、アトピーや皮膚のアレルギー症状などに非常に関係が深いように感じられますよね。洗剤や寝具を買い換えてアトピーがおさまるならそうしたいと思う人もいるかも知れません。

こちらのページに書かれていることは、あくまで「アトピー症状が酷くなるのを防ぐためにする対策」であり、またその効果には個人差があります。アトピーを治すために必ずやらなければならないことではありませんし、これをしなくてもアトピーを治した人はたくさんいます。それをご理解頂いた上で、是非ご参考になさってみて下さい。

アトピー肌に優しい洗濯用洗剤の条件

アトピー肌に優しい洗濯用洗剤の条件

「成人性アトピー性皮膚炎」を発症してから、使う洗剤はベビーコーナーやドラッグストアの洗剤のコーナーで「無添加」「赤ちゃんにも優しい」などと謳われているものの中で、なんとなく「良さそう」だと思う商品を適当に選んで使用していました。

しかし、アトピー体質の改善を心がけるようになってから、改めてその成分表をじっくりと見てみると、正直普通の合成洗剤と変わらないほど様々な成分が含まれているということが分かりました。中には「合成香料」や「蛍光剤」が含まれるものもありました。つまり「無添加」「赤ちゃんにも優しい」という謳い文句で売られている商品もその基準と言うのは非常に曖昧で必ずしも安全と言う訳ではないということなのです。

では、アトピー肌に本当に良い洗濯用洗剤とはどんなものでしょう?それは肌への刺激となる成分・その原因となる成分を全て取り除いた洗剤、要するに成分が「純石鹸分のみである」と言うことになります。例えば「シャボン玉石けん」というメーカーの「スノール」という洗剤や、「ミヨシ石鹸」というメーカーの「衣類のせっけん」という洗剤がそれに当たります。

どんな素材の寝具を選ぶべき?

アトピー症状を悪化させてしまう原因のひとつに「衣類の摩擦による刺激」があります。例え非常に小さな摩擦ダメージであっても、ただ歩いたり座ったりするだけでも衣類の布地は肌に常に擦れていますから、やはり刺激の少ない肌触りの良いものを選ぶと良いでしょう。

お勧めは綿素材100%のものです。綿100%はポリエステル素材の服に比べて通気性・保湿性共に優れているので柔らかく、刺激も強くありません。静電気も起こりにくいため、アトピー肌・乾燥肌・敏感肌の人に最良です。ポリエステル素材やウール素材の衣類を着たい場合にも、インナーには綿素材100%のものを選ぶと良いでしょう。

どんな素材の寝具を選ぶべき?

また、寝具については「ダニやハウスダストが寄り付きにくい」素材のものをお勧めします。と言うのも、ダニやハウスダストは様々なアレルギー症状の原因となるためです。

日本で広く利用されている寝具の素材は、一般的に綿、ポリエステル、羊毛、羽毛、の四種類になります。この中で「羊毛」「羽毛」はその臭いにダニが寄り付きやすいという特徴があるためあまりお勧め出来ません。また使う人の体質次第では「羊毛」「羽毛」それ自体が「動物性繊維アレルギー」を引き起こすアレルゲンになってしまうような場合もありますので注意が必要です。

綿素材は衣類同様に通気性・保湿性共に優れているので柔らかく、低刺激という面では最良です。しかし湿度があるためダニが繁殖しやすいと言うデメリットもあります。これを防ぐには定期的に洗濯を欠かさないことが大切です。

ポリエステル素材の寝具は縮みなどの問題が起こりにくいため頻繁に丸洗いをすることが可能です。比較的カラッとしていて湿度が少なく、ダニが好む環境ではありません。しかし一方で静電気を起こしやすく埃を吸い寄せやすいというデメリットがあります。特に小さなお子さんはポリエステル素材でアトピーが酷くなるというケースも少なくありませんので注意が必要です。

つまり、どの素材の寝具も一長一短、メリットとデメリットが存在するという訳ですね。どれを選ぶにしても定期的に洗濯をして清潔な状態を保つということが最重要なのです。

 

寝具のケアは部屋のお掃除と同じくらい大切

寝具のケアは部屋のお掃除と同じくらい大切

人生の三分の一を過ごすとも言われる布団の中。布団の中は人の体温で温かく、また寝ている間にかいた汗を吸い込んで湿っています。「高温多湿」はダニが最も好むとされる環境ですから、布団の中というのは常にアレルギーの原因となるダニやハウスダストがたくさん存在している、ということになりますね。残念ながらこればかりはどんな素材の寝具を選んでも同じことです。

これを改善する最も効果的な方法は「布団を干す」ことです。もちろん毎日干す必要はなく、週に一回程度のペースでお布団のケアができれば理想的。

布団を干す際に心がけることは、とにかく「湿気を取る」ということです。と言うのも、ダニというのは「乾燥」に非常に弱く、動くことも糞を出すことも出来なくなってしまいます。ですから朝夕の湿気が高い時間帯を避け、10時から15時くらいの最も空気が乾燥している時間帯を選んで干すようにして下さい。ただし、あまり長く日に当て過ぎると布団を傷める原因にもなりますので、時間は2~3時間で取り込むようにしましょう。

また、取り込む前に布団叩きで布団を叩くのは絶対にNG。布団の中綿を傷めるだけでなく、布団の中のダニの死骸やフンを砕いて拡散させてしまうことになります。これを防ぐために、取り込んだ後は必ず表面に掃除機をかけるようにしましょう。

アトピー肌の人におすすめのスキンケア商品TOP3

総合評価第1位
アトピー肌の人におすすめNo1ビタブリッドCスキン ビタブリッドCスキン
総合評価第2位
アトピー肌の人におすすめNo2ヒフミド ヒフミド商品画像
総合評価第3位
アトピー肌の人におすすめNo3APローション APローション商品画像

ページのトップへ