じゅくじゅくがある時のケア方法って知っていますか?

乾燥肌・アトピー肌改善のための正しいスキンケア方法
  1. じゅくじゅくがある時のケア方法

アトピー肌からじゅくじゅくした汁が出るのはなに?

アトピー肌からじゅくじゅくした汁が出るのはなに?

アトピーの症状が重くなってくると肌からじゅくじゅくした汁が出てくることがあります。血とも違うし、少し黄色がかっていたりもして、初めて見たときは何か怖い病気ではないかと不安になった人もいるのではないかと思います。

このじゅくじゅくした汁は一般的に「浸出液(しんしゅつえき)」と呼ばれるものです。中身は決して汚いものではなく、主にリンパ液から成っています。これはひざをすりむいたときや肌に炎症が起こったとき、身体がその部位を修復しようとして分泌しているものなので、浸出液が出てくること自体は身体の自然な反応です

ただ、アトピーの浸出液の場合は異常が起きていないか注意が必要です。転んでかさぶたができるような場合と違い、必要以上に浸出液が出てしまったり、臭いやかゆみが伴うことがあるのです。こうした状態になってしまうと肌の状態が健康に保てなくなる可能性があるため、早めの処置をしていかなければなりません。

アトピーの浸出液が普通と違うのはなぜ?

アトピーの浸出液が通常分泌されるものと異なるのは、治療に使用しているステロイドが原因といわれています。すり傷などを作って浸出液が出ても透明で臭いもしたことがなかった人でも、アトピーによる浸出液は黄色で臭いがある、といった症状が出る場合があります。これは脱ステロイドの特徴です。

ステロイドは強いものを使っているほど薬を断った際のリバウンドも激しく、それまで抑制していたアトピーの炎症が強く出るために、通常より多量の浸出液が分泌されてしまうのです。

この症状で最も困るのは、浸出液が出るとかゆみが増し、さらに固まることでもかゆみが激しくなっていくことが多い点です。激しいかゆみからまた浸出液が出た場所を掻いたり、液が固まりかけたところを剥がしたりすると、また多量の浸出液が出てかゆくなる、という悪循環に陥ってしまいます。

浸出液が出てきてしまったときのケア方法!

浸出液が出てきてしまったときのケア方法!

上で書いたような浸出液に悩まされている場合、改善するにはいくつかの方法があります。スキンケアや生活習慣を変えることで改善に向かうこともありますが、あまりに症状がひどく我慢できないようならすぐに医療機関に行くことをおすすめします。かゆみが強い場合や化膿してしまっている場合なども同様です。

特に、ステロイドの使用に関することは自分だけで判断してしまわないようにしてください。なぜかというと、ステロイドは誤った使い方をするとトラブルが発生しやすいですし、投与量を減らしたり、脱ステロイドをするタイミングなども素人判断で行うと危険が伴います。アトピーを診る皮膚科の医師によってもステロイドの扱いについては意見がわかれるほど難しい問題なのです。なので、評判や口コミ、診察の感触などを考慮した上で信頼できると思った医師に治療をお願いしましょう。

自分でできる浸出液のケアとしては以下のようなものがあります。

・浸出液の量が多い場合は洗顔やメイク、クレンジングなどの刺激を控える

・かゆみが酷い場合、その部位を冷やしてみる

・浸出液で薄い膜ができてしまったら、低刺激の化粧品で保湿をする

とにかくできるだけ刺激を与えず、しっかりと保湿することが大切です。浸出液で困っている人は、自宅でのケアと医療機関での治療の両方を行っていきましょう。

アトピー肌の人におすすめのスキンケア商品TOP3

総合評価第1位
アトピー肌の人におすすめNo1ビタブリッドCスキン ビタブリッドCスキン
総合評価第2位
アトピー肌の人におすすめNo2ヒフミド ヒフミド商品画像
総合評価第3位
アトピー肌の人におすすめNo3APローション APローション商品画像

ページのトップへ