アトピーの根本的な原因や症状があらわれる仕組みについて調べまとめました!

乾燥肌・アトピー肌改善のための正しいスキンケア方法
  1. 乾燥肌・アトピー肌の構造!原因や改善策はあるの?

乾燥肌・アトピー肌の構造!原因や改善策はあるの?

私たちの人間の身体における心臓や胃腸といった生命維持に必要な機能は、「自律神経」という神経系によってコントロールされています。自律神経には、交感神経と副交感神経という二つの系統があり、簡単にいうと交感神経は緊張する神経、副交感神経はリラックスする神経になります。

アトピー症状のような発疹、その他にも下痢をする、あるいは呼吸が速くなるなどのいわゆる「アレルギー反応」とは、すべて「微量異物を体内から排除しようとする」生体反応です。この反応に関係の深い免疫の本体である「白血球」も、実は自律神経によってコントロールされています。

では、具体的にどのような仕組みによってアトピー症状はあらわれるのでしょうか?こちらのページでは、自律神経とアトピーの関係性やアトピーの起こる仕組みについてまとめています。

免疫機能と自律神経

免疫機能と自律神経

外部から体内に侵入した細菌・ウイルスなど異物の排除と腫瘍細胞・役目を終えた細胞の排除などを役割とする免疫細胞である「白血球」。白血球には「マクロファージ」「顆粒球」「リンパ球」などが含まれ、夫々が協力することで免疫システムを作り上げています。

「マクロファージ」や「顆粒球」は、体内に侵入した異物を食べて処理しますが、「リンパ球」は血液とリンパ組織の間を循環してあらゆる異物に対し抗体を使って攻撃をしています。

これら免疫にかかわる細胞を活性化するのには、自律神経が重要な役割を果たしています。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、前者は活動するとき、後者は休養するときと、交互にバランスをとって働いています。

休養、つまり副交感神経が働くとき、一時的に「リンパ球」が増加します。「リンパ球」は免疫力そのものですから、これにより疲労が回復されリラックス状態へ導かれるのです。

過剰抗原刺激とリンパ球

過剰抗原刺激とリンパ球

しかし、副交感神経が高ぶりリンパ球が増え過ぎた状態というのは、逆に言えば環境や異物に敏感に反応しやすい状態であると言うことが出来ます。環境や異物に敏感に反応しやすい状態とは、つまりアレルギー反応やアトピー症状が出やすい状態であると言い換えることも出来ますね。

免疫細胞が環境や異物に過剰に反応してしまう状態を「過剰抗原刺激」と言います。抗原とは、病原微生物などの異物が体内に侵入した際に、体内で抗体を作り出す免疫原物質のことです。リンパ球はこの抗原を使って抗原抗体複合体を作り、体外に出そうとして血管を拡げて血流を増加させたり、あるいは直接皮膚から出そうとします。その際、治癒のための反応として発疹・下痢・かゆみ・発熱などの症状があらわれるのです。要するに、アレルギー症状は、過剰な抗原刺激によって引き起こされるということになるのです。

ストレスと副交感神経

ストレスと副交感神経

また、精神的ストレスや肉体的ストレスもアレルギー発症の原因となります。それは、ストレスが強く加わると交感神経が優位になり疲労がもたらされるため、これを回復させるために副交感神経が働くことで、生体が異物を排泄しようとする「リンパ球」が増加し、アレルギー反応が起こるのです。

アレルギー発症時には、血液の顆粒球がむしろ増加しています。そしてアレルギー症状を経て治ってきた時、再びリンパ球が多いパターンに戻るのです。つまり肉体的・精神的なストレスで緊張状態(交感神経が働いている状態)から逃れようとして、副交感神経が異常亢進して起こるのがアレルギー反応の正体なのです。

アレルギーの反応の強弱は、その人の免疫状態に深く関連しています。元々リンパ球の多い体質の人がストレスや抗原にさらされたときには、非常に強く起こることもあります。

アトピー肌の人におすすめのスキンケア商品TOP3

総合評価第1位
アトピー肌の人におすすめNo1ビタブリッドCスキン ビタブリッドCスキン
総合評価第2位
アトピー肌の人におすすめNo2ヒフミド ヒフミド商品画像
総合評価第3位
アトピー肌の人におすすめNo3APローション APローション商品画像

ページのトップへ