睡眠で乾燥肌・アトピー肌を改善するって知っていましたか?

乾燥肌・アトピー肌改善のための正しいスキンケア方法
  1. 睡眠で乾燥肌・アトピー肌を改善する

ゴールデンタイムは肌のために欠かせない要素!

皆さんは「ゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ゴールデンタイムとは、肌の再生に大きな力を持つ成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯のことです。成長ホルモンは「天然の美容液」とも呼ばれ、肌のハリや弾力を維持していくためには欠かせない存在です。皮下組織の水分量を調整する、肌のターンオーバーを促進するなど、美肌にマメな女子たちの強い味方なのです。

そしてこの成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムは入眠から3時間後に訪れるため、その時間帯にしっかりと熟睡できているかどうかで成長ホルモンの恩恵を受けられるかが決まってきます。今までゴールデンタイムは22時~2時が通説でしたが、これは以前は日本人の就寝時間が22時が多かったためで、現在は決まった時間からではなく入眠時間から判断するようになっています。

もちろん早めに就寝した方が美容や健康のためには効果的ですが、何より大切なのは入眠後3時間に深い眠りについていること。寝ている間に分泌される成長ホルモンや副腎皮質ホルモンが十分に活躍し、肌の状態を整えるためには、睡眠時間の確保と熟睡は非常に大切です。

睡眠不足は乾燥肌やアトピー肌を悪化させる?

睡眠不足は乾燥肌やアトピー肌を悪化させる?

では、逆に睡眠不足に陥っている場合は肌にどんな影響が出るのでしょうか。

乾燥肌やアトピー肌でない人でも寝不足だと頭や身体が重く感じると思いますが、肌の調子が悪いことも多いはずです。なぜなら上で書いた成長ホルモンの分泌量が少ないと肌のターンオーバーも遅れてしまうので、結果的に角質層内の水分保持がうまくいかなくなるのです。これは乾燥肌の人にとって症状を悪化させる要因になってしまいます。

さらに、アトピー肌の場合は睡眠不足がアレルギー症状の悪化に直結することがわかっています。加えて、眠れないことによるストレスが溜まっていくとそれも症状悪化の要因になってしまうため、質の良い睡眠を取ることはアトピー肌の人にとって大きな課題でもあるのです。

かゆくて眠れない夜はどうすればいい?

かゆくて眠れない夜はどうすればいい?

しかし、いかに睡眠時間の確保や深い眠り、ゴールデンタイムが大事だといわれても、なかなか寝つけない人やかゆくて眠気も来ない、という人もいると思います。そんなときにはどうすればいいか、私が行ってみた工夫を書いてみます。

まずは様々なところで言われているように、眠る前にはブルーライトの刺激を受けないようにすることです。少なくとも寝る1時間前にはPCやスマホから目を離しておきましょう。あとは自分の好きなことをしてリラックスすれば良いのですが、私の場合は香りが好きなラベンダー系のアロマを焚いたり、ホットミルクを飲みながら読書をしていました。寝る前の一時間だけは忙しさから切り離された環境なのだと意識することも一種のリラックス効果になっている気がします。

ただ、どうしても眠れないという場合は睡眠導入剤も試してみましょう。イメージ的に怖いと感じてしまうかもしれませんが、医師に処方してもらって正しく使う分には問題ありません。他にも症状によっては精神安定剤や抗ヒスタミン剤など有効な薬が違ってくるので、必ず医師に相談してから使用することをおすすめします。

快適な眠りは身体の疲れを取るだけでなく、肌の調子を整え、ストレスの軽減にもつながることなので、できるだけの工夫をしてみてください。

アトピー肌の人におすすめのスキンケア商品TOP3

総合評価第1位
アトピー肌の人におすすめNo1ビタブリッドCスキン ビタブリッドCスキン
総合評価第2位
アトピー肌の人におすすめNo2ヒフミド ヒフミド商品画像
総合評価第3位
アトピー肌の人におすすめNo3APローション APローション商品画像

ページのトップへ