乾燥肌・アトピー肌の方必見!季節の過ごし方を紹介します!

乾燥肌・アトピー肌改善のための正しいスキンケア方法
  1. 乾燥肌・アトピー肌の方必見!季節の過ごし方

乾燥肌やアトピー肌は季節の変化に敏感!

アトピーでお悩みの人の中には季節の変わり目が苦手だったり、特にこの季節が苦しい、といった場合もあると思います。実際、私もアトピーを発症してからというもの夏や冬は症状の悪化や肌の乾燥などに悩まされることが多く、できるだけ早く過ぎて欲しいと思っていました。

症状の程度によっても違いますが、乾燥肌やアトピー肌は季節の変化に非常に敏感になってしまいます。大切なのは、自分の症状と季節に合った対策をしっかりと取っていくことです。そこで、私が体験し実践してみたことを書いてみようと思います。

ジメジメと日差しがツラい夏の過ごし方

ジメジメと日差しがツラい夏の過ごし方

夏はアトピー肌の人にとって二段階で大変な季節です。まず大敵となるのが強い日差しによるダメージ、そしてその暑さにより汗をかくことがアトピー症状を更に悪化させるもうひとつの原因になるためです。

始めに強い日差しについてですが、これは紫外線を浴びていると角質層が厚くなるため、どうしても肌は水分不足になり、乾燥してしまいます。

次に汗についてですが、汗は放っておくとかゆみの原因にもなりますし、また掻いてしまうと皮膚が傷付きそこから雑菌が入り込んでしまうケースもあります。

こうした問題点と対策について下にまとめてみたので参考にしてみてください。特に職場で冷房が強烈にきいているような場合はデスクにミニ加湿器などを置くのも手です。

・夏は水分不足になりやすいため、保湿を念入りに行う

・強い冷房は湿度が下がるため、肌を乾燥させないように保湿グッズを使う

・汗を拭く際は清潔なタオルで軽く押さえる程度にし、刺激をできるだけ抑える

・汗をかいたらタオルで拭き取るよりも早めにシャワーを浴びる

・紫外線から肌を守るためにUVカット製品を利用する

・梅雨は湿気が多いので家の中を掃除してダニ・カビ対策をしておく

最後に取り上げた梅雨のダニ・カビはアトピーを悪化させる一因です。湿気やほこりが溜まりやすいベッドやソファなどは天日干しをしたり、部屋に除湿器を置くなどして対策しましょう。また、意外に盲点になりますがペットにダニがついている可能性もあるため、自分のためにもペットのためにもケアをしてあげることが大切です。カビについてもお風呂や洗濯機の中、さらには冷房のフィルターなど、至る所に繁殖してしまうため、防カビ剤など市販のもので構わないので定期的に除去していきましょう。

乾燥する冬を快適に過ごすにはどうしたらいい?

乾燥する冬を快適に過ごすにはどうしたらいい?

夏が過ぎても、まだ一年の終わりには冬が待ち受けています。冬は外気が乾燥してしまうため、加湿器を使うことが効果的です。

夏に比べて汗はそれほどかかないと思いますが、夏に行った乾燥肌・アトピー肌対策は紫外線など冬にも共通することが多いので、継続して行っていきましょう。

冬特有の注意点は以下のようなものです。

・冬の乾燥対策に加湿器を利用する

・セーターやコートなどを選ぶ際は刺激の強い素材を避ける

・花粉症やインフルエンザに注意する

アトピー肌の人は花粉症やインフルエンザでも症状が重くなることがあります。花粉症になると鼻の下の湿疹がひどくなったりするので、病院に行って診てもらうことも必要になるかもしれません。もしインフルエンザにかかって熱が出てしまい、数日お風呂に入れなかったりしたら、夏にも行った身体を軽く拭くなどの対処を取りましょう。熱でかゆみが増す場合は部位を冷やすなどするのも有効です。

アトピー肌の人におすすめのスキンケア商品TOP3

総合評価第1位
アトピー肌の人におすすめNo1ビタブリッドCスキン ビタブリッドCスキン
総合評価第2位
アトピー肌の人におすすめNo2ヒフミド ヒフミド商品画像
総合評価第3位
アトピー肌の人におすすめNo3APローション APローション商品画像

ページのトップへ